アイネクス株式会社
TEL:03-5713-0388 
HOME|製品情報|お客様サポート|イベント|会社情報|お問い合わせ

 製品カテゴリー
 分析機器
 ・水分活性測定装置
 ・水分吸脱着測定装置
 ・熱特性計
 ・空中浮遊菌エラーサンプラー
 微量元素測定装置
土壌水分・環境・気象計測機器
 ・土壌水分センサー
 ・水ポテンシャルセンサー
 ・テンシオメータ
 ・全天日射計、光量子フラックス計
 ・雨量計
 ・風向風速計 
 ・葉濡れセンサー
 ・温度・湿度センサー
 ・水深・温度・ECセンサー 
 ・分光反射率センサー 
 ・データロガー、ハンドヘルドリーダー
 ・延長ケーブル・アクセサリー
土壌物性測定装置
 ・水ポテンシャル測定装置
 ・インフィルトロメータ
 ・水分特性曲線測定装置
 ・土壌間隙水サンプラー
 ・土壌カルシメーター
植物・環境計測機器
 ・気孔コンダクタンス測定装置
 ・光合成有効放射測定装置 
 ・デンドロメータ
 ・OS5p+ クロロフィル蛍光測定装置
 ・OS1p クロロフィル蛍光測定装置
 ・OS30p+ クロロフィル蛍光測定装置
 ・極小葉用クロロフィル含有量メータ
 ・クロロフィル含有量メータ
 ・アントシアニン含有量メータ
 ・光ファイバープローブ蛍光光度計
 
  CCM-300 極小葉用クロロフィル含有量メーター
信頼性の高い測定を行うには、測定口径をすべてカバーできる比較的平坦な面が必要な吸光度測定法とは異なり、この蛍光測定法ではこのような用件を必要としません。蛍光測定法の場合、光はひとつの波長でサンプルに吸収され、より長い波長で再放出されます。このため、針葉樹の葉のような曲面を持つサンプルやある種のCAM植物のように厚みが大きすぎて吸光度法では測れない葉、あるいはコケ類、芝類、シロイヌナズナ、稲などのような、葉が小さすぎて吸光度法は信頼性の高い結果が得られないサンプルの計測も可能となりました。また、クロロフィル含有量の高いケースでも、化学的測定法との相関性が優れています。この計測器の設計は、Gitelson A.A.、Buschmann C.、Lichtenthaler H.K.(1999)の研究成果をベースにしています。
サンプルは、光順応した植物でも暗所適応した植物でも、結果に明らかな違いは見られません。シグナル強度の低いサンプルでは、複数回の測定を行い平均処理すれば、測定の信頼性を向上できます。必ずしも測定口径をすべて満たしている必要はありません。この試験で使用された蛍光の放出波長と励起波長は、クロロフィル測定領域を最大化し、測定誤差を最小にするように設計されたものです。
  • 針葉樹の葉、芝類、稲、小型の葉、穀物の葉、果実
  • CAM植物:リュウゼツラン、食用サボテン、パイナップル、シロイヌナズナ、コケ類、茎、葉柄、岩上の藻類

 特 徴
  • 葉・サンプルの寸法・厚さ・形状に関わらず、信頼性の高い測定が可能です。
  • 野外作業に適した軽量のハンディ型設計
  • クロロフィル含有量の極めて高い場合でも、化学的試験と高度な相関性を示します。
  • 画像型カラータッチスクリーンとデータ表示
  • 個別単回測定用とサンプル複数回測定平均用の測定モードが含まれています。
  • 蛍光比による測定、又は相対クロロフィル含有量の直接測定のいずれかを選択可能
  • ほとんど無限大の測定データ蓄積容量: 最大2ギガバイトの非揮発フラッシュメモリ
  • USB出力:ファイルはカンマ区切りで表示され、Excel等の表計算ソフトで直接開くことができます。

 クロロフィル含有量の計測に定評のある蛍光比技術を使用
クロロフィル蛍光法を用いたクロロフィル含有量の測定法は、確立された技術です。しかし、吸光度測定等、より普及している測定方と比べると、この方法に要するコストは遙かに高いのが現状でした。そのため、非常に小さなサンプル、屈曲したサンプル、厚みの大きいサンプルの測定は、これまで概ね予算オーバーを余儀なくされたのが現状でした。CCM-300によって、OPTI-SCIENCES社は吸光度測定法に極めて近いコストで実施できる蛍光型ソリューションを開発しました。大半の小麦や穀物にみられる中型・大型の葉の計測では、CCM-200plusを利用する方が確かに経済的ですが、非常に小さい葉のクロロフィル含有量を経済的に測定する場合は、手頃な価格設定で発売されたCCM-300が便利でしょう。それ以外にも、この機種は果実、針葉樹の葉、コケ類、サボテン、地衣類、岩上の藻類、その他計測の難しい様々な植物にも利用できます。

技術仕様
測定パラメータ クロロフィル蛍光比(CFR)法 - 735nm / 700nmでの蛍光発光強度比率、読取値、又は相対クロロフィル含有量(mg/m2)
測定面積 直径3mm、外径4mmの円形.。ただし、3mmより相当に小さいサンプルも確実に測定できます。
 解像度 比率0.01、又はmg/m2
再現性 シグナル強度によって異なります。シグナル強度の低いサンプルでは、複数回の測定を行い平均処理するようにお勧めします。シグナル強度の高いサンプルでは、比率±0.03以上が一般的です。
 ノイズ ±2%以下
光 源 LED 460nm 青色ダイオード、半値幅15nm
検出部 2個のソリッドステート高感受性検出器、帯域制限フィルタセットを配備、同時に2波長の検出が可能
700nm〜710nmおよび730nm〜740nm
データ蓄積容量 非揮発フラッシュメモリで最大2ギガバイト
データモード 一点測定、2〜30サンプルの測定値平均、2σ標準偏差外にある逸脱値を除外した測定平均値、又は中央値決定 
サンプル用インターフェイス 直径4mmの光ファイバープローブ 
ユーザーインターフェイス 240×320ピクセルのカラータッチスクリーン
出 力 USB1.1
 温度範囲 0〜50度 
 電 源 再充電型単3電池2本
 自動OFF間隔 0〜20分の間でプログラム可能(キーのプレス操作・ダウンロードが無い場合)
 寸法 / 重量 12×9×3cm/ 275g
 測定所要時間 5秒 
 セット構成品 CCM-300、光ファイバー、サンプルホルダー、充電器、単3ニッケル水素再充電電池4本、USBケーブル 


 (c)2017 AINEX Co., Ltd.  All Right Reserved